--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2013’10.03・Thu

泰斗さん的どんぶりの作り方


HOW TO にするほどのことでもない…上に誰も待ってないけれど…!

泰斗さん的どんぶりの作り方ー!


【用意するもの】
・石粉粘土(私はセリアの石粉粘土を使用)
・どんぶりの型になりそうな、ええ感じのもの
 (私はカップ入りの飴をたまたま購入していて、それを見て、これは!と思って使ってみました)


1)粘土をええ感じの型になりそうなもので用意したものにはりつけ、乾燥させる。
 ※薄すぎると、外すときに割れてしまったりするし、厚すぎると削るのが面倒くさいので
  そのあたりは数をこなして慣れていくしか…
 ※乾燥の時間は、最低でも24時間以上。私は丸1日半くらいは置くようにしてます。

IMG_20131002_192807.jpg

はり付けた状態で、ある程度器っぽく成形しておく(削ることも考えて少し大きめに)

2)器からそっとはがす。

IMG_20131002_192834.jpg

はじめはがすときはドキドキしましたが、結構ぽろんとはがれます。
それに、石粉粘土をしっかり乾燥させ、ある程度の厚みがあれば割れる心配もないです(多分)

3)ペーパータイプのやすり等を用いて削る。ただひたすらに削る!!!

私はまず、80番(かなり荒目)であらかた削り落として成形。
細かいところはダイヤモンドやすり(細め)などで、成形します。
どんぶりの支えの部分は、彫刻刀を使って掘ります。
あらかた削り終えれば、600番、800番、2000番を使用してつるつるになるまで削ります。

4)割れてしまったり欠けたところを、石粉粘土でもう一度成形。乾燥したら、目の細かいペーパーでつるつるにする。

5)完成!

IMG_20131002_225424.jpg

IMG_20131002_225433.jpg


途中で写真を撮ろうと思ったんですけど、手が粉だらけで携帯触るの無理でした←コラ
また作るときにとって、中に差し込もうかなー?




うん、少しはどんぶりらしいものができたと思います^^















ランキング参加中です。
もしよければ、ポチっとしくてださい(♥ó㉨ò)ノ♡↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村

こちらもポチっと…(*゚▽゚*)
スポンサーサイト

Categorie作り方  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2013’08.26・Mon

おゆまるくん初体験!

全記事にも書きましたが、おゆまるくん初挑戦してみました!
どうなる事やら…と思いながらも、試行錯誤でとりあえず…。
失敗なの?成功なの?と聞かれたら、悩んで
失敗寄りの成功かなと(笑)
どういうこと?という感じですが…どんな感じになったのかを手順に沿ってレポートしちゃいたいと思います♪

用意するもの:おゆまるくん、原型、氷(氷水)、お箸、タオル

前準備:ゲシゲシ削って作った原型を、出来るだけ目の細かいペーパーで研磨し、凹凸をなくし、私は防水もかねてニスをしっかり塗りました。

IMG_20130825_115505.jpg

①おゆまるくんを熱湯で温めます。

おゆまる1

②柔らかくなったらお湯から取り出し、水分をタオルで拭きとり、平らにしました。
 こねていると、すぐ冷えてきて硬くなってくるので、こねにくくなってきたら、またお湯にぽいっちょして、温めます。

③原型を押しつけます。ぎゅっぎゅと。
 あと、かみ合わせように、ビーズを二か所これまたぎゅっぎゅと押し込みます。

おゆまる2

④冷やします。※この間にもう一個おゆまるくんを温めます。

おゆまる3

⑤取り出して触ってみて硬くなってたらOK!
  →氷で冷やしたので、またタオルで水をふき取りました。
  →この時点でビーズは取ります。原型はそのまま。

おゆまる4

⑥温まって柔らかくなった2つめのおゆまるくんを硬化したおゆまるくん1にかぶせて
 すばやく隙間ないようにぎゅっぎゅとします。

おゆまる5


⑦出来たら、また冷やします。

⑧固まったなーって感じになったら、取り出して水けをふき、
 ゆっくりと2つをはがし取ります。

おゆまる6


こんな感じに、型は完成しました!(これ、3回目くらいのです/笑 おゆまるくんは失敗してもやり直せるのが魅力ですね!)


そして…。
私は何が作りたかったというと、ガラスの器とコップ。
おゆまるくんはUVランプを通すとのことで、UVレジン派の私には願ったりのお方!!!
で、早速やってみましたが…。

1度目は(写真ないのですが;;)、UVランプの熱でおゆまるくんが溶けてしまって、
はがし取ったら方がつぶれてしまったので、
さっきの写真の型は見事につぶれてしまいました←
で、それならばと、もう一度型つくりからやり直して…UV→氷→UV→氷 と、こまめに冷やしながら実験。

バリやらなんやらいっぱいできましたが。
何とか、剥離に成功。
でもがたがたなので、削ったりしないといけませんでした。
まだ粘土では試してませんが、おそらく同じ結果になりそう?かな。
また試したら載せます♪

で、バリやらなんやらを取り除いてある程度磨いたり削ったりしたものが…↓

IMG_20130825_162007.jpg

気泡入りまくりなんですが…まぁ...失敗寄りの成功、って感じですよね^q^;;;
おそらく原型もぼこぼこだったので(手でやすりをかけた分)、型自体ぼこぼこ・・・というのも原因の一つかと。
まだまだだなーと思いつつも、それなりに形になってほっとしてます^^

あ、コップの写真撮るの忘れた…後でまた載せますね☆





ランキング参加中です。
もしよければ、ポチっとしくてださい(♥ó㉨ò)ノ♡↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村

こちらもポチっと…(*゚▽゚*)

Categorie作り方  トラックバック(0) コメント(7) TOP

2013’05.12・Sun

泰斗さん的、こねてチンする気泡のつくり方【研究中】


①適当な量の樹脂粘土(今回はコスモス+微量のグレイスカラーこむぎいろ)を用意して、コネコネ柔らかくします。
 ※色付けはしてなくてもいいかも、、、と今回焼いてみて思いました↓
  ちょっと失敗(´・ω・`)

1.jpg

②重曹またはベーキングパウダーを用意。
 (私は簡単に手に入るベーキングパウダーを今は使っていますが、いづれは重曹で…と目論んでいます。←)

2.jpg
 先程用意した粘土にこんな感じでつけて、コネコネします。(今回はこのくらいの量を3~4回程度)

③こねていくと、粘土が少しべたついてもそもそしてきます。
 でも根気よく混ぜて、つけての繰り返し。
 ※根気よくちゃーんと混ぜてくださいね!まぜまぜ工程はすごく大事です♪

3.jpg

④いい感じになったら(アバウトですみません。まだ私も測りきれてなくて> <;;)、粘土を成形します。

4.jpg

⑤自分の焼きたいパンをイメージして、線を入れたり少しここで加工します。
 ※膨れるので、結構深めに線を入れてください!

5.jpg

6.jpg

こんな感じで用意して…クッキングシートの上に並べます。

⑥レンジの中へ!

7.jpg

⑦600Wで私はまず20秒ほどにセットします。

8.jpg

スタートボタン!

9.jpg

1・2秒ほどで粘土に異変が現れます。
ぷぅーっと少しずつ大きくなってきて…

私は10秒ほどで一旦温めるのをやめて、なかを覗いて粘土の状態を見ます。
そして、もう一度10秒セットして、2~3秒ほどチンします♪

⑧元の粘土より0.5~1倍程度大きく膨らみました^^

    10.jpg

粘土は少し暖かくなっており、チンしたばかりは柔らかく触るとすぐに形が崩れてしまうので、そーっと
崩さないようにレンジから取り出し、根気よく粗熱が取れるのを待ちます。

⑨大体半日~1日程度かわかしてから、切り分けます!
(完全に乾いてからのほうがいいかもしれないんですが、なにせそうなると私は粘土が硬くなってうまく切れないので;;)
 ※今回はこの写真を撮るために粗熱が取れて、触ってもそんなに形が崩れないくらい乾いた時に少しだけ切り分けました。)

11.jpg


⑩あとは着色したら完成です♪

12.jpg




でも今回はちょっと失敗作(´・ω・`)←それで説明するなっていうねww
まだまだ研究中ですっ
また改良したらのせるかも♪


※オーブンやレンジを使った乾燥はメーカー側で推奨されてません。
※試す際は、換気し、火気に十分注意した上で、自己責任でお願いいたします。





ランキング参加中です。
もしよければ、ポチっとしくてダサい(♥ó㉨ò)ノ♡↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村

こちらもポチっと…(*゚▽゚*)

Categorie作り方  トラックバック(0) コメント(4) TOP

2013’04.28・Sun

泰斗さん的チョココロネのつくり方。

チョココロネのつくり方、私バージョン( ´ ▽ ` )<超適当


①薄く黄色で色付けした生地を伸ばす。(長さは適当)
コロネができるまで
※短すぎると、太っちょなコロネになるので気持ち長めに・・・

②コロネの先っぽからくるくる巻いていきます。
コロネができるまで2

③巻き巻きが終わったら、爪楊枝とかで質感をつけます。

コロネができるまで3

④乾いたら、ポンポン色を塗っていきます。
(私はある程度乾いたら色塗りしちゃってます。待てない←)
コロネができるまで4

⑤チョコを詰めて、ニスを塗ったら完成( ´ ▽ ` )

コロネができるまで5



ウインナー巻きもおんなじです^^
ウインナーに巻き巻きしていくのとの違いくらいで、基本は同じ作業でしてます(´∀`)


うん、適当すぎてわからないね!!←コラ
巻き巻きしないでやる方法やってみたんですが、何かうまくできなかったので・・・巻き巻きしていく方法が私にはしっくりくるみたい・・・^^;;;



ランキング参加中です。
もしよければ、ポチっとしくてダサい(♥ó㉨ò)ノ♡↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村

こちらもポチっと…(*゚▽゚*)

Categorie作り方  トラックバック(0) コメント(8) TOP

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。